鉱物 隕石 宝石標本の専門店

Top オンラインショップ ブログ セール案内 通信販売リスト
会社案内 鉱物種照合・分析 本の紹介 ギャラリー 宝石研磨

   

宝石研磨について


研磨の勧め

 「職人が研磨したから美しい」という表現をよく見かけますが、宝石を美しく仕上げる上で重要なのは、一に時間、二に機械、三に知識、そして経験です。

 美しいカット石に仕上げるためには時間を気にせず丁寧な作業をすることです。これは初めての人はもちろん熟練者でも同じです。

 そして機械はかなり重要です。精度の高いカットをするためには精度の高い機械が必要です。欧米のメーカーには最新型のとても使いやすい機械がいくつかあります。良い機械ほどストレスのない作業ができます。(現在販売されている国産の機械はシステムが旧式なのでお勧めしません)

 三番目は知識ですが、研磨の技術は常に向上しています。最新の研磨方法や道具を知ることが大事です。日本には加盟する組織がありませんが、欧米の研磨協会では、コンペティション等を通じて技術交流が盛んに行われています。

 そして経験ですが、より多くの石をカットすれば自然と身についていくものです。たくさん失敗することによって、次はどうしたらよいか学ぶことができます。

 今の日本で研磨を習得するには欧米の良い機械を購入するのが一番お勧めです。宝石研磨は奥は深いですが、基礎は極めて簡単です。数日あれば機械の使い方は覚えられるでしょう。数ヶ月とか何年もかかって教わるものではありません。機械の使い方が分かれば、後はできるだけ多くの石をカットすることです。例えば1日1個で週に3日磨けば1年で150個となり、この経験は凄く大きいでしょう。

   


宝石カットの種類

カボションカット 
 丸い感じに仕上げる研磨方法です。機械の使い方が簡単で、手の感覚で形を仕上げていくので手軽です。
(但し、シンメトリーできれいなカーブを作れるようになるためには熟練が必要です。)
  
 写真左はダイアモンドパシフィック社の6インチ6連の「ジェニー」。ダイアモンドグラインダーです。仕上げにはレザーパッドに10万メッシュ(1/4ミクロン)のダイアモンドコンパウンドを使用します。写真右は持ち運びにも便利なビックフット。設置面積はA4サイズしかなく、片手で簡単に持ち運べます。ちなみに付属のトレイをそのまま使用すると取り回しスペースが狭くて辛いので、足の下に2.5cmのブロックを足して、A4サイズのプラスチックトレー(オリジナルのトレイは外す)に入れて使用すると使い勝手が良いです。

ファセットカット
 ファセットカットは多数の平面を組み合わせることにより、内部から光の反射による輝きを出すためのカットです。手順が多いのでカボションカットよりも時間がかかりますが、形は機械が制御するので、初めてでもきれいな形が作れます。

 ウルトラテック社のファセット研磨機です。とても完成度の高い機械で、世界中で多くの人が使用しています。大きなインデックスギアを前面に配置したこと、高性能デジタルアングル(100分の1度)を搭載したことで、プロのカッターはもちろん初心者にも、とても使いやすくなっています。

最新式ののデジタルアングル。現行では小数点二桁のデジタルアングルはウルトラテックだけです。

スタンダードなアナログアングル&ダイアルインディケーターも使えます。

ギアの入れ間違いは一番多い失敗ですが、この機械は大きなギアが前面に配置されているのでとても見やすいです。写真のように色分けすると使いやすいです。写真は96ですが、他に72,77,80,120等があります。

ダイアモンドカッターをセットすると、正確なトリミングが可能です。時間の短縮はもちろん、ラップの無駄な消耗を減らせます。



http://www.ultratec-facet.com/


コンケーブカット
ファセットカットの理論とカービングの技術を組み合わせた新しいカット方法。独特の形や模様が得られる。





ファセットカットで機械の使い方から、石の仕上げまでがYouTubeで紹介されています。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLFIMjYf_BtnvaVZNQkHJ4ieF-v1fqPgqu






宝石研磨体験(ご予約をおねがいします)
 最新の研磨機を使用して宝石研磨の大まかな流れを体験できます。

カボションカット 約30分  ¥1000(原石込み) 
ファセットカット 約1時間 ¥3000(原石込み) 


宝石研磨ポイントレッスン(ご予約をおねがいします)
初心者向けに機械の使い方や、石の選び方、面の取り方、つやの出し方を練習します。

¥3000/時間(2時間より)




研磨関係の消耗品あります。
オンラインショップへ →
ここに無い品はお手数ですがお問い合わせをお願いします。




宝石研磨のお勧めサイト ルートオブパワー http://www.rootofpower.com/
 日本の旧来システムにとらわれず、アメリカで最新のファセット研磨技術を学び、2008年に米国宝石研磨士協会によるコンペティションのマスター部門で金メダルを受賞し、日本人で初めての「マスターカッター」に認定される。そして2012年...世界のマスターカッターだけによるワールドカップ「International Faceting Challenge」で個人部門総合優勝を果たし、第14代世界チャンピオンとなる。
 CADによる計算設計をし、時間をかけて丁寧にカットされた石の美しさは、誰が見ても一目瞭然で、カットをおろそかにして名前ありきで販売されている石とは次元が違います!

下記の2機種のファセットマシーンの販売もしています。
    
ウルトラテックもファセトロンも優れた機械で世界中で多くのカッターが使用しています。
ファセトロン → シンプルな作りで剛性に優れる。ウルトラテックより安い。
ウルトラテック → 角度をデジタルでコンマ二桁まで表示できる。現在価格はかなり高価。



下記の海外サイトより機械等の購入が出来ます。
注意! ホリミネラロジー株式会社では「購入、輸入、使用、メンテナンス、故障、不良」等に関しまして一切責任を負いません。
ご利用は十分にご注意下さい。


Hi Tech Diamond 安価で使いやすい機械です。ダイアモンドカッター、カボション用平面研磨機はお勧めできます。
Diamond Pacific カボション用の研磨機がとても評判の良いメーカーです。ホビー用としてはBigFootにオプションのカッターを付けたものがお勧めで、これ一台で切断からツヤだしまで全ての工程ができます。本格的にはGenieとWizardをお勧めします。中間のPixiは大きさの割に非力なのと、ホイール間の隙間がないため、使い勝手があまり良くないです。

これらの機械はアメリカ使用であるため電源が(110v 60Hz)ですが、日本でもそのまま使用できます。

注) メーカーは色々ありますが、それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分の目的にあった機械・道具を選ぶことが何よりも大事です。




サイト内の文、写真の無断転載を禁止します。
Copyright(C) 2012 HORI MINERALOGY LTD. All right reserved.