Tucson Mineral Show 2014

Tucson Show 42.JPG

 ツーソンニュースは2000年よりホームページ及びこのブログで紹介してきましたが、今後はツイッターフェイスブックを使用しようと思います。

Tucson Show 48.jpg
 本日からメインショー「ツーソン・ジェム&ミネラルショー」の始まりです。もともとこのショーだけだったのが、今では他のミネラルショーをはじめジェムショーやビーズショー、その他雑貨的なものまで様々なイベントが便乗しておこなわれています。今年の特別展は蛍石で、写真は今年のポスターにもなった代表標本です。結晶の大きさはこぶし大位ありました。このポスターは3月19日からおこなう新着品セールにて、お買い上げいただいた方の中から抽選で5名様にプレゼントします。



Tucson Show 45.jpg
蛍石 (特別展)



Tucson Show 44.jpg
蛍石 (特別展示)



Tucson Show 47.jpg
魚眼石 インド(特別展示)



Tucson Show 46.jpg
紅水晶 ブラジル(特別展示)



Tucson Show 49.jpg
メインショー会場(一部)
 出展者は前出のショーで既に出展しているところがほとんで、それほど目新しくはないのですが、みな仕切り直しといったところで、価格が割高になっていたりします。メインショーで一番の目当だった業者が直前にキャンセルしたよう出展していませんでした。毎年、色々良いものがあり、昨年は青紫の燐灰石でお世話になっていたので、とても残念です。もうだいぶ高齢だったので終わりかも知れません。



Tucson Show 53.jpg
 午後は早々にメインショーを後にし、いつもの会場へ行きました。メインショーに移った業者がいたり、メインショーを見てそのまま帰る業者もいるため、終了しているところがだいぶあります。仕入れも今日が最後で明日帰国するので、取り置きしていたものを全てピックアップしました。



Tucson Show 54.jpg



Fluorite 3.jpg
蛍石 イリノイ
 本品は蛍石の劈開を利用して作った形です。イリノイの蛍石は色がカラフルなため人気がありますが、結晶の角が欠けたものなどをこのようにして利用しています。ただ現在は産出していないので良い標本はほとんど手に入らなくなっています。十数年前まではこのイリノイ専門の蛍石屋さんがありました。感覚として珍しくもなく特別がんばって仕入れることもありませんでした。一方でその当時、まだ市場が開放されていなかったマダガスカルの天青石などは超高級標本で、今とは桁違いに高価でやっとの思いで1点を選んだ事もあります...



Cerussite.jpg
白鉛鉱 イラン
 この標本も産出した後に大変話題になった事を良く覚えています。その当時はたくさんあったのですが、今ではやはり手に入れるのは難しいです。このような白鉛鉱の雪のような結晶は白鉛鉱自身が大変脆い事もあって、その存在には感動します。ちなみもしこれがツメブの標本であったら大変なことですが、本品はイラン産でありツメブのブランド価値はありません。でも結晶自体の良さは変わらないので、ツメブに比べるととても割安です。



Turquoise.jpg
トルコ石 xls. アメリカ
 トルコ石の結晶標本はかなり貴重ですが、毎年数点程度は入手しています。そんな中でも今回の標本は結晶が大きくて、マクロに挑戦すると良いものが撮れそうです。


Fluorite 4.jpg
蛍石 中国



 これで今年のツーソンも終わりです。毎年ながら3週間も滞在するのは色々大変な事もあり最終日を迎えるとほっとします。今回の新着品は次回3月19日よりおこなう「ミネラルコレクティング」にて販売する予定ですが、詳しい内容は準備ができた標本から順次紹介していいきますのでどうぞお楽しみに!


2013 Tucson Show News No.14

Diamond.jpg
ダイアモンド ベネズエラ
 スピネル式双晶の中、中央左にほとんどボール状の結晶があります。天然でボール状の結晶はとても珍しいです。人工的に丸くしたものもあるので、入手するときはルーペ等でよく確認する必要があります。中央右にある大きめの結晶は8面体と6面体の複合結晶です。



Ajoite.jpg
アホー石 アリゾナ
 南アフリカのアホー石入り水晶は有名ですが、アホー石は元々アリゾナが原産地(Ajo)です。本品は地元の採集コレクターからの標本です。ツーソンショーにはもう20年ちょっと来ていますが、雰囲気がずいぶん変わりました。昔は採集コレクターが多く、適度な標本が安価で手に入ったものですが、現在はその手の業者はほとんど見かけません。みな高齢になりリタイアしてしまっています。そのあとを受け継ぐ人がいれば良いのですが、今時の業者はあまりお金にならないことはしないようで、誰も彼もハイクラス標本ディーラーにシフトしてしまっています。このアホー石を毎年扱っていた人は今年で最後で、来年は出展しないと言っていました。残念です。



Chalcopyrite.jpg
黄銅鉱・菱鉄鉱  中国
 いつもは中国の標本もたくさん購入するのですが、どうも今回のツーソンは今ひとつで、どの業者も良いものを持ってきていません。今年の5月に中国で大規模なミネラルショーを開催するとのことで、そのために標本をとってあるのでは考えてしまいます。



Murray.jpg
Murray隕石 CM2  
 1950年にアメリカ、ケンタッキー州 Murrayに落ちた隕石で、アエンデやタギッシュレイク、マーチソンなど共に有名な炭素質コンドライトです。炭素質コンドライトからはアミノ酸が見つかっており、生命起源との関連が注目されています。隕石発見には2種類あって、一つは落下が目撃されて回収されている物、もう一つはいつ落ちたか分からないもの。当然ですが落下してすぐ回収されている物の方が地球環境の影響(風化)を受けておらず研究試料として大変貴重となります。 今回のツーソンショーではナクラ(火星)も少し出回っていました。手に入れたいのは山々なのですが、ナクラだけあってとても高価でした。昨年話題のティシント(火星)は結構な数が出回っています。もう一つのサッターズミル(炭素質)ははやりほとんど見かけません。



Tucson Show 42.jpg



Tucson Show 41.jpg



Tucson Show 43.jpg
相変わらずきれいなツーソンの夕日。いよいよ明日メインショーがオープンします。



2013 Tucson Show News No.13

Tucson Show 40.jpg
 Aマウンテンから眺めたツーソン市。今日も良い天気です。ただ気温は低く、誰もが口々に「寒い」と言ってました。



Sperrylite.jpg
スペリー鉱 ロシア
 プラチナと砒素の結晶でプラチナが約6割占めています。結晶標本は数が少なく貴重です。最近はカナダ産のものも出回っていますが、やはりこのロシアン産の方が結晶が大きくて美しいです。



Elbaite.jpg
リチア電気石 ブラジル
 トルマリン(電気石)グループの中でも、このリチア電気石はカラーバリエーションがとても豊富で集め甲斐があります。ただ流通しているのはほとんどが分離単結晶なので、母岩付きにこそ価値を求める標本コレクターとしては理想的な標本を入手するのは結構難しいです(こぶし大)。



euclase.jpg
ユークレース ブラジル
 ブルーラインが入る結晶の群晶標本(こぶし大)で、あるコレクションの放出品です。今では1cm程度の分離結晶でさえ手に入らないのに、この標本を入手できたのはかなりラッキーでした。入手の難しい標本は2種類あり、一つは金額が高いが(割高)お金を出せば手に入るもの、もう一つは金額と関係なく手に入らないものがあります。今回の標本は後者よりだと思います。



2013 Tucson Show News No.12

Tucson Show 39.jpg
 昨夜一晩かかって梱包して、今日の朝に仕入れの品の第一陣を発送しました。全体量が例年に比べて少なめな感じがします。でもミネラルショーはこれから週末にかけて後半戦がスタートです。



Rutile.jpg
 水晶&ルチル ブラジル
 種類としては「ルチル入り水晶」ですが...「クォーツキャップルチル」?とでもなるでしょうか、素敵な珍品です。水晶のサムネイルコレクターの標本からいくつか、興味深い結晶を入手しました。いずれも1点ものです。



Quartz5.jpg



QUartz4.jpg



Quartz3.jpg



Quartz2.jpg



Quartz1.jpg


2013 Tucson Show News No.11

Sahppire.jpg
サファイア スリランカ
 丁度1年程前に新たに見つかったもので、天然のブルーサファイアです。宝石鉱物の中でも特に天然のブルーサファイアとルビーの宝石質的な結晶は入手が難しく、実際に手にすると、非現実的なその存在に思わず心を奪われてしまいます。GIAに詳しいレポートがあります→



Vayrynenite.jpg
バイリネン石 パキスタン
 バイリネン石は希産鉱物で標本は滅多にありません。ただ2年ほど前にパキスタン(アフガニスタン?)で産出があり、ごく僅かながら現時点では流通しています。フィンランドが原産地で原産地では結晶は産出していません。しかし驚くことにこちらは結晶であり、しかも宝石質の美しさがあります。



Narsarskite.jpg
ナルサルスク石 Montana
 希産鉱物。カナダMont Saint-Hilaireの結晶標本が有名ですが、写真はアメリカ/モンタナ産です。



Fresnoite.jpg
Fresnoite San Benito Co.
 バリウムとチタンの珪酸塩からなる1965年発見の希産鉱物です。原産地標本。



Burbankite.jpg
バーバンク石(ピンク)、アンケル石(緑)、方ソーダ石(青) ボリビア
 バーバンク石は(Na,Ca)3(Sr,Ba,Ce)3(CO3)5という組成の希産鉱物です。



Sphalerite.jpg
 参考までに...閃亜鉛鉱です。通常よりもかなり無色に近く、よほど鉄分が少ないのだと思われます。おまけに丸々ファセットカットできそうな無傷の透明度でビックリしました。出来ることなら手に入れたいとは思うのですが、とっても高価でした。写真だけですが、こういうものもあるのだということで...参考までに。



2013 Tucson Show News No.10

Tucson Show 18.jpg
 今日は先ず、今日からオープンするトップディーラーだけの会場へ見学へ。ここには博物館クラスや入手困難な超1点ものなどがあります。これらが高価なのはまだ分かりますが、ごく普通の鉱物でも1~2桁違いの価格設定がなされています。これを高いと思う人は一般的だと思いますが、トップディーラが相手をしているのは億万長者的な人たちであり、我々ではないのです。またスーパーコレクターの人たちもこのような特定のお店でしか購入しません。そこにステータスがあるわけです。でもこうやって一般の人に公開してくれるということはとても素晴らしいことです。でなければこのような標本を見る機会など絶対にありません。
 標本の写真は撮ってません。このあとメインショーでまた展示されるので、その時に紹介したいと思います。



Tucson Show 21.jpg
 お昼からは市内にあるアリゾナ大学付属の鉱物博物館へ見学に行ってきました。地元アリゾナの各種鉱物から世界中の鉱物が展示されています。特別展示で中国産鉱物展も開催されていました。写真は南アフリカのアホー石入り水晶(大きさは大根くらいでしょうか)。ラベルの大きさが10cm弱位だと思います。
http://www.uamineralmuseum.org/



Tucson Show 22.jpg
蛍石 中国



Tucson Show 23.jpg
蛍石 中国



Tucson Show 25.jpg
蛍石 中国(内モンゴル)



Tucson Show 36.jpg
蛍石 中国



Tucson Show 24.jpg
これはもしかして...あれ!? 笑えます。



Tucson Show 20.jpg
放射性鉱物色々



Tucson Show 19.jpg
クンツァイト/トパーズ/アクアマリン



Tucson Show 29.jpg
輝安鉱 市ノ川



Tucson Show 30.jpg
自然金結晶 ベネズエラ
結晶は英語でCrystalですが、これをxtal、さらにxlとして表現します。群晶の場合はxls
結晶標本が珍しい鉱物などで結晶であることを強調するときに使います。



Tucson Show 31.jpg
ヘリオドール ウクライナ
 


Tucson Show 32.jpg
ブラジル石 ブラジル



Tucson Show 33.jpg
インカローズ(菱マンガン鉱) アルゼンチン



Tucson Show 34.jpg
ベニト石&海王石 アメリカ



Tucson Show 35.jpg
色々



Tucson Show 38.jpg
ミネラルミュージアムを見学した後は、夕日を見にマウントレモンへ行ってきました。
ツーソン市全域を見渡せる最高のビューポイントです!



Tucson Show 37.jpg



Tucson Show 27.jpg
 


Tucson Show 26.jpg
 今日は日中ずっと曇り空だったのですが、このときだけ上手く晴れました。



Tucson Show 28.jpg
ツーソン市の夜景と



2013 Tucson Show News No.9

Tucson Show15.jpg
 ツーソンは今日も温暖快晴の天気で日中はTシャツでOKです。


Tucson Show16.jpg
 今日は数あるツーソンショーの中でも一番規模が大きいショーがオープンしました。とは言ってもアクセサリーがメインなので、ほとんど関係ないのですが...。でもここには地元アリゾナターコイズ、スリーピングビューティー鉱山とキングマン鉱山の直営店がそれぞれ出店しています。写真はダウンタウンの水晶タワー



Benitoite.jpg
Benitoite San Benito
 ヨアキン石の微小結晶たくさん付いています。ベニト石は今年も手ごろなのをワンフラット入手しました。鉱山自体は閉山したものの観光鉱山として小規模ながら採集でき、アメリカ人(個人)で熱心に採集している人がいまして、そのおかげで標本が手に入ります。今時分は閉鎖してますが、9月のデンバーに合わせて採集に行こうかと考えた事もあります。ただ問題なのはベニト石は白色のソーダ沸石の中に埋没しているので、これを塩酸で溶かさないとなりません。つまり現地でいくら母岩を採集してもベニト石が入っているかどうかは分かりません。何でも100kg単位で母岩を処理しないと良い結晶は得られないとか...



Emerald.jpg
エメラルド(緑柱石) Muzo



Redberyl.jpg
レッドベリル(緑柱石) Utah



Herkimer.jpg
ハーキマーダイアモンド(水晶) New York
 「ハーキマーダイアモンド」はニューヨークのハーキマーという場所で採れる両先端があり柱面が短い結晶を指す一種のブランド名。近年アルゼンチンやパキスタン、中国からも同様の結晶が産出し「ハーキマー」の名前が使われていることがありますが「ハーキマー」はあくまで場所の名前です。今回は母岩付きで産状のわかる良標本を選びました。



Taza.jpg
NWA859(TAZA) Iron  モロッコ
 モロッコのタザで2001年に発見された鉄隕石。エッジングが少し雑なので日本に戻ったら研磨からやり直そうと思います。



Tucson Show17.jpg
 温暖なのもどうやら明日までのようです。予報では明後日から寒波が来て10度以上気温が下がりそうです。最低気温は0度前後です。一昨年も寒波が来てツーソン市の一部で停電があったり、水道管が破裂した事がありました。今回はどうでしょう?

2013 Tucson Show News No.8

Tucson Show14.jpg
 アパートから見るマウントレモン。今日も1日快晴でした。



Brayte.jpg
重晶石 ペルー
 黄色板状の結晶が群生している標本。重晶石は基本無色ですが黄色や青色などもポピュラーです。ちなみに重晶石は重くて劈開が強いので大変壊れやすく、特に本品のような薄板状の結晶は気をつけなければなりません。



Pyrite.jpg
黄鉄鉱 ペルー
 スペインのシャープな立方体の結晶も良いですが、ペルーの黄鉄鉱は丸味を帯びた立方体や、正八面体、5角12面体などバリエーションが豊富です。面の光輝が大変強いのものも特徴です。今回は丸味を帯びた立方体結晶を購入しましたが、その中に1点写真の標本がありました。8面体を基本に菱と角に細かい面がでていて、まるで結晶模型のようです。



Rhodochrosite.jpg
菱マンガン鉱 Sweet Home mine
 サムネイルサイズ

2013 Tucson Show News No.7


Tucson Show 13.jpg

Tucson Show 12.jpg

 今日は宝石関係の大きな会場が二つ同時にオープンしました。この二つの会場は別々の主催で行われているのですが、ダウンタウン近くの道路を挟んで向かい合って開催されています。片方は立派なコンベンションセンター(写真下)で、もう一方は仮設の超巨大テント(写真上)。どちらもディーラー専用(業者登録が必要)なので、一般の入場はできません。高級感があって立派なのはコンベンションセンターの会場なのですが、入場者が多いのは仮設テントの会場の方です。ただどちらも数年前までは初日の入場は行列が長くて入るまでに時間がかかっていたのが、今日はビックリするくらいすんなり入れました。これも不況の影響でしょうか?ちなみにツーソンで伝統的に開催されていた宝石ショーはこのいずれでもなく、現在は郊外に移転しています。



Adamite.jpg
含銅アダム鉱 メキシコ
 Ojuelaのアダム鉱は黄色が圧倒的に多いですが、青緑、ピンクなどもあります。色彩的に黄色よりも美しいですが、紫外線で蛍光することはありません。なお青緑は銅、ピンクはマンガンによる発色とされています。写真の色を上手く合わせられませんでした。



Euclase.jpg
ユークレース ブラジル
 ファセットカット可能な両先端がある結晶です!カット用原石の専門店に一つだけあったのですが、両先端がある結晶は初めて見ました。ただ残念なのは詳しい産地が不明なことです。ミナスジェライスのどこかではあるのですが....残念です。1点



Opal.jpg
オパール オーストラリア
 ライトニングリッジの有名なブラックオパールです。ここ数年エチオピア産が多かったので、久しぶりに選んでみました。エチオピア産はオーストラリア産と同様にきれいですが、吸水性がとても高く、季節に(湿度)よっても透明度が変わり、場合によっては割れてしまいます。良く乾燥させたものは大丈夫だと思っている人が多いようですが、吸水性は失われないので関係ありません。だからこそオーストラリア産のように美しくても桁違いに安いのです。今回選んだオーストラリア産は宝飾に不向きな規格外のもので、標本用としては安価でありがたいです。



Wulfenite.jpg
モリブデン鉛鉱 メキシコ
 この数年この産地からはモリブデン鉛鉱の良品がコンスタントに産出していています。おかげで本来は高価な標本なのですが、今のところ手ごろな価格で手に入ります。



Zoisite.jpg
灰れん石 タンザニア
 タンザニアのメレラニ鉱山は世界中で流通しているタンザナイト(宝石)の産出地であります。タンザナイトは青色の灰れん石(Zoisite)に付けた宝石名ですが、希にピンク色のものも産出し「ピンク・タンザナイト」と呼んでいたりします。今回入手した結晶は大変美しいのですが、残念ながら頭の反対側が欠けています。1点


2013 Tucson Show News No.6


Tucson Show 8.jpg

Tucson Show10.jpg

Tucson Show 9.jpg

 今日もまた新たに小さいところが2か所オープンしました。ツーソンのレギュラーなミネルショーに出展する場合に、期間中の2週間はお店を開け続けていなければなりません(閉めるとペナルティーがかかります)。そして会場となっているホテルの部屋代は出展料には含まれておらず、ミネラルショーシーズンの特別料金がかかります。このようなことから最近は出展を嫌う業者がいて、1社ないし数社で数日間ゲリラ的にオープンする即売会が増えてきています。こうなるとあっち行ったりこっち行ったりと車でいちいち移動しなければならないので効率が良くないです。



Calcite.jpg
方解石 アメリカ
 犬牙状ないし、菱形の角を落としたきれいな結晶が集合している標本です。結晶の中に白鉄鉱の結晶が入っているところも、ただの方解石と違って魅力あります。



Grossular 2.jpg
灰ばんざくろ石 メキシコ
 このピンクのグロシュラーは20年ほど前に新産した時、鮮やかなピンク色の結晶に当時は大変話題になりました。その後ずっと良品の産出がなかったでのすが、今年は久しぶりに鮮やかなピンクの結晶がでていました。



Fluorite 2.jpg
蛍石 イギリス
 蛍光鉱物の中でもこれだけ蛍光性の強い石は他にありません。本来緑色の石ですが、太陽光下だと青味を帯びます。この蛍石が採れる鉱山は元々鉛を採掘していたのですが、ずいぶん前に閉山してしまっています。そこを蛍石のために、鉱物業者がこの7年位単発的に採掘していました。そのおかげでそれ以前はアンティーク的な標本だったのが、今ではメジャー標本になっています。しかし、昨年から新しい標本が出回らなくなってきており、もう採掘していないと思われます。



Tucson Show 11.jpg
 アホー通り この信号を左折して2時間くらい走るとアホー鉱山があります。そういえばここ数年ブームだった南アのアホー石入り水晶ですが、昨年のミュンヘンでも今年のツーソンでも影も形もないという感じです...残念ながらこちらもとりあえず終わりのようです。


2013 Tucson Show News No.5



 今日もまた人気あるディーラが一つオープンしました。小さい会場なのにオープン前にはたくさんの人が並んでおり入れるかどうか心配でしたが何とかなりました。このような状況はどこでも一緒ですね、コレクターの心情としては仕方ないですが...


Topaz.jpg
トパーズ メキシコ
 この産地のトパーズは1cm前後の赤みを帯びた結晶が集まっているのが特徴です。トパーズ自体は無色透明で、赤色は針状のルチルインクルージョン(産地情報として)によります。他に無色透明の玉滴石を伴うことがあり、これは紫外線で緑色に蛍光します。




Augelite.jpg
アウゲル石 ペルー
 アウゲル石の標本は流通が少なく良品の入手は難しいです。色は本来無色で肉眼的な大きさに結晶することも珍しいです。有名産地としてはカナダのRapid Creekがありますが、色と透明感はこちらの方が優れていると思います。また水晶群晶との組み合わせも標本として品があっていい感じです。




Cayon Diablo.jpg
キャニオン ディアブロ隕石 Iron
 有名な鉄隕石というと「ギベオン」や「ムオニオナルスタ」「カンポデルシエロ」「シホテアリン」がありますが、これらが有名なのは流通量が圧倒的に多いためす。一方キャニオンディアブロが興味深いのは落ちたときのクレーターがきれいに残ってることです。しかも簡単に見学でき、隕石衝撃の凄さを感じることができます。またこのツーソンから車で行ける距離でもあります。

グーグルマップ→

2011年に訪れたときのNEWS→

 この隕石からは4種の鉱物(Moissanite, Krinovite, Haxonite, Lonsdaleite)が新鉱物として発見されています。新鉱物が登録(始めに発見)されている隕石はごく一部です。


 ところで鉄隕石(塊)のイメージというと誰もが「真っ黒な塊」だと思います。しかし実はこれ、人工的に酸化皮膜を作ったもので、サビ防止(鉄のフライパンと同じ)と隕石らしいイメージ(ヒュージョンクラスト的な)のためです。採れたての状態は茶色いサビの塊といったとこでしょうか...。カナブラシないしサンドブラスター等でサビを除去しますが、もちろんサンドブラスターの方が自然な仕上がりです。


2013 Tucson Show News No.4

 日差しがとても強い1日でした。屋外だと石を見てもまぶしすぎて目が痛いです。今年はサングラスを忘れてしまい辛いです。今日オープンする人気会場があり行ってみたところ、10社程度の小さい会場なのですが、その中のある業者に笑えるくらい日本の業者が集中していました。求めているものはみな同じと言うことでしょうか....




Smithsonite.jpg
菱亜鉛鉱 New Mexico
 この産地の菱亜鉛鉱は丸い感じに美しい真珠光沢が特徴でアメリカではとても人気があります。どういう訳か日本では今ひとつ人気がないようです。たぶん割高に見えるのだと思いますが、それだけアメリカでは評価されていると言うことでもあります。ただ、現在は産出していないようで、出回っているのはいずれも昔の標本です。




Melanite.jpg
灰鉄ざくろ石(メラナイト) ロシア
 真っ黒なわりに結晶面の輝きが強く、きれいな標本です。色の原因は微量のチタンによります。




P2030119.jpg
ぶどう石 南アフリカ
 ...? ぶどう石とのことです。色はマンガンによるとのことで、産地(N'Chwaning)としてうなづけますが、戻ったら確認してみます。1980年に一度産出したきりで、その後は無く幻的な標本のようです。それにしてもこの見た目では初見でぶどう石だと言える人はいないのではないでしょう。少し赤みの強い結晶はイネス石、無色でキラキラしているのは魚眼石です。




Tucson Show 6.jpg
 ツール・研磨関係が集まっている会場です。あの有名なDiamond PacificのマシーンをはじめA級からC級品まで各種ダイアモンドディスクやパウダー、ダイアモンドカッター、メタルボンドディスク、セリウムオキサイドフィルムが手に入ります。メタルボンドやセリウムオキサイドフィルムは宝石のファセットカットにおいてとても重要なアイテムですが、日本では手に入りません。ダイアモンドパシフィックのカボション研磨機は日本から個人で直接注文できるのでお勧めです。性能は国産よりはるかに優れていて一度使うとやめられません。価格も安いです。個人輸入の壁はありますが、ぜひチャレンジしてください!ちなみにお勧めはビックフットかジェニーで、違いは大きさで、ポイントはそれぞれのメリットが片方のデミリットになります(ピクシーはお勧めしません)。




Tucson Show 7.jpg
 帰路方向にあり、いつも夕日に赤く染まっていく頃に眺めつつ帰ります。


2013 Tucson Show News No.3

 今日は快晴で日中の気温24度と少し暑い感じになりました。毎年2月に入ると暑くなってきて、日中はTシャツで過ごせるようになります。ただ、夜間は10度を切るので、上着も持ってでないと辛くなります。

Clinozoisite.jpg
斜灰れん石(クリノゾイサイト) ペルー
 石英の隙間に数ミリ大の結晶が集合して付いています。ルーペで確認すると先端部がピンク色透明で予想以上にきれいです。斜灰れん石の結晶は珍しいです。


Galena.jpg
重晶石 ペルー
 重晶石は通常、立方体ないしその角を落とした形の結晶で立体的なイメージがあります。しかし時に平板状に結晶することがあり、知らないと「何これ?」という感じになりますが、実はスピネル式双晶によりこのような形になっています。
 
 

Spodumen Bicolor 2.jpg
リチア輝石(クンツァイト~ヒッデナイトのバイカラー) アフガニスタン
 今回、新産の一つ。アフガンのリチア輝石はたくさん出回っているので、珍しくありませんが、この標本は緑とピンクのバイカラーでバリエーションとしては珍しいです。ただ問題はこれが自然発色かどうかということです。放射線で色味を濃くしているのがあるので注意が必要なのですが、今回の標本は色味と2色の混じり方に不自然さがなく良しとしました。もう一つの問題「紫外線による退色」に関してはかなり不安を感じますが、相手の業者は「大丈夫だと」当然ですが言っていました。一応帰国したら試してみようと思います。


gold.jpg
金の結晶 南アメリカ
 自然金(等軸晶系)も当然結晶するのですが、模型的な標本を実際に見る機会はほとんどなく、雑誌やネット上の写真でしか見たことがないと思います。ツーソン等のショーでですと一部のトップディーラーのショーケースの中に数ミリ大の標本があります。ただ価は当然ハイクラスなので、手に入れて紹介できるものではありません。昨年のミュンヘンショーで知り合った業者で「結晶、ツーソンに持って行くからと...」ということがあって、今回は明瞭な結晶を数個ですが手に入れることができました。当店でもきちんと紹介するのは初めてではないでしょうか。


Gold 2.jpg
自然金 南アメリカ
 興味深いのは金緑石(クリソベリル)の3連晶に似た結晶があることで、スピネル式双晶によるようです。


P2023450.jpg
 朝一で撮影したので写真に人影がありませんが、今日はどこの会場も賑やかでした。

2013 Tucson Show News No.2

 ツーソンショーは今週末から週明けにかけて本格的にスタートするので、まだ準備中ないし、未着の業者が多いです。今日はいくつか鉱物系ではない会場を軽くチェックしてから、昨日と同じ鉱物会場に行きました。天気は日中ずっと曇っていましたが、気温は高めで寒くはありませんでした。

Fluorite.jpg
蛍石 内モンゴル自治区
 現在、この蛍石をはじめ多数の鉱物を産出している内モンゴル産鉱物はコレクターの注目の的になっています。でも今回のツーソンに出展している中国系業者は多数いるのに、なぜか皆持ってきていません。まだ始まったばかりなので分かりませんが、ちょっと予想外でした。無色八面体の蛍石は一応、ワンフラットだけは確保できました。


Quartz Twin.jpg
水晶 日本式双晶 ペルー
 ペルーの日本式双晶は昔から多産していて母岩付きの良標本が手に入るのでお勧めです。まだ見つけませんが鳥形三連も注意して探すと、ふとあったりします(一つ母岩付きで10cm近い長さの3連晶を見つけたことは見つけたのですが、全体の大きさが1m位もあり流石に範囲外です)


Grossular.jpg
灰ばんざくろ石 カナダ
 昨年のミュンヘンショーでは無色の標本を手に入れましたが、予想外の人気で、多数の方にお応えできず残念でした。今回も何とか入手できるとよいのですが...写真のは少し発色があります。


Tucson Show 1.jpg
 夕刻には雲が晴れて会場でも夕焼けがきれいでした。


Tucson Show 2.jpg
 夕刻の会場


 会場には数カ所に写真のようなインフォメーションボードが設置されています。これも手がかりの一つです。

2013 Tucson Show News No.1

P1313413.jpg
 一昨日ツーソン入りしました。今回はメインショーを含めて2月中頃まで滞在する予定です。田舎町のツーソンですが、会場周辺のホテルはこの時期だけスペシャルプライスとなるため長期滞在すると大変な事になります。そのためここではアパートを借りて滞在しています。写真はアパートの入り口


P1313414.jpg
 リビングルーム テーブルは段ボールにボードを乗せて使用。写真右手にキッチン、写真の奥に寝室、納戸、バスなどがあります。ホテルとの違いは価格の他に、部屋がとても広いこと、大型冷蔵庫があること、ルームサービスが無いこと、ベットが無いことでしょうか...ベットを購入するとさすがに後が面倒なので、マットと毛布を使用して布団形式で寝てます。


P1313390.jpg
 ミネラルショーの会場になっているホテルで、ここは鉱物標本系では最も有力な主催者が運営している会場です。(最近の傾向として日本で「ミネラルショー」というと石系のお店が集まった雑貨イベントという感じですが、アメリカやヨーロッパでミネラルショーというと鉱物を標本としているお店のイベントです。ツーソンでは複数の主催者がそれぞれのイベントを開催しておりMineral Show、Fossil Show、Gem Show、Bead Showなどジャンルごとに名前がきちんと分かれています。)


P1313386.jpg
 会場の中庭、いすを出して日光浴をしている人がよくいるのですが、まだセッティング中のところがほとんどなのでまだなようです。


P1313396.jpg

P1313404.jpg

P1313400.jpg

P1313395.jpg
 数年前からロシア産の見事な赤銅鉱が出回っていますが、この産地では自然銅、藍銅鉱も産出しています。今回、赤銅鉱の結晶が自然銅になっているものや、藍銅鉱の結晶が赤銅鉱になっているものなど興味深い標本がありました。ただ、いずれも高価な標本なので、今回は写真だけです... 


 今日は良い天気でしたが、冷たい風が吹いていて少し寒かったです。天気予報ではこれからすこしづつ気温が上がっていくようです。ツーソンは屋外の会場が多いので、早く暖かくなってほしいです。

 そういえば今日は鉱物標本系では一番大規模な業者のオープン日でした。初日はいつも混雑するのと気が乗らなかったので避けましたが、どうだったのでしょうか?

2013TGMS.jpg

世界最大のミネラルショー、ツーソンショーへ1月末より2月中頃まで出かけます。
今年もニュースを現地よりお届けする予定ですので、どうぞお楽しみに!

*写真はメインショーの公式ポスターです。

新春2割引きセール

20130111_221947.jpg

20130111_222209.jpg

期間:1月11日(金)~ 15日(火)

場所:ホリミネラロジー ミネラルショップ

時間:午前10時~午後6時

店内の鉱物・隕石・カット石を対象に2割引きセール開催中です。

標本は日々追加していきますので、どうぞお楽しみに!


お電話・メール等でお問い合せ、通販も承ります。

tel: 03-3993-1418
mail: m@hori.co.jp

セールに間に合わなかった新着品などを紹介します。

*放出標本で、コレクターのこだわりが感じられるサムネイルコレクション 150点!
(サムネイルコレクションとは親指の爪位のサイズに限定して集めていることをいいます。2cm以内位でしょうか...欧米人のサイズは少し大きいです。)

*ルースコレクション 100点! レアストーンも多数あります。また、カットグレードが低かったり、産地が国名しかいないものなどもあり、それらは格安で処分致します。掘り出し物がきっとあります。



Fluorite Cavnic.jpg
蛍石 ルーマニア Cavnic



Fluorite France.jpg
蛍石 フランス Tarn



Fluorite Illinois.jpg
蛍石 アメリカ Cave in Rock



Fluorite Peru.jpg
蛍石 ペルー


Elbaite  Brazil.jpg
リチア電気石 ブラジル



Emerald Pakistan.jpg
エメラルド パキスタン



Quartz tessin.jpg
水晶 スイス



rainbowgarnet.jpg
灰鉄ざくろ石 メキシコ・ソノラ




IMG_7272.jpg
菱亜鉛鉱 アメリカ・79鉱山
草緑色の小さな結晶が母岩を覆っています。有名鉱山の標本です。



IMG_7275.jpg
リチア電気石 アフガニスタン
宝石的な結晶で母岩付の標本は貴重です。




IMG_7264.jpg
菱マンガン鉱 アメリカ・スィートホームSunnyside鉱山
有名鉱山の有名標本です。



IMG_7266.jpg
赤銅鉱 コンゴ
一昔前の有名標本で、シャープな八面体結晶が見事です。
現在は産出していないのでしょう、もう10年以上くらい新産出で見ることはないです。



IMG_7267.jpg
ベニト石 アメリカ・サンベニト
小さいけどベニト石の三角結晶が見事な標本です。



IMG_7269.jpg
リチア電気石 ミャンマー
「マッシュルーム・トルマリン」などというネーミングが付いていましたが、リチア電気石としてはかなり特異な形です。



IMG_7270.jpg
蛍石 中国
白色水晶の上に付く紫色透明の立方体結晶、バランスの良い標本です。
Yaogangxianの蛍石はカラフルで素晴らしい標本が沢山ありましたが、最近はすっかり見なくなってきました。



IMG_7271.jpg
リチア電気石・リチア雲母 ブラジル
昨年のツーソンショー(2011)の特別展示にあった標本と同じタイプです。
http://hori.co.jp/news/assets_c/2011/02/IMG_5649-1113.html



IMG_7276.jpg
含銅アダム鉱 ギリシャ・ラウリオン
これも有名産地の有名標本です。



IMG_6726.jpg
チャロ石 ロシア
サムネイルではありません...小さい物でも5cmいじょうあります。
茶色柱状の結晶はチクナシ石で原産地標本になります。


IMG_6727.jpg
クリソコラ&ヘテロゲン石 コンゴ



IMG_7228.jpg
IMG_7229.jpg
蛍石&煙水晶 モンブラン
サイズは1cm位です。でもバランスが理想的で素晴らしいです。



IMG_7230.jpg
スピネル ミャンマー
 大きなスピネル式双晶で一辺が1.5cmもあります。大理石の母岩に付く標本です。



IMG_7231.jpg
石膏 モロッコ
鉱物において曲線というのは、一般常識外で何とも神秘的です、曲線コレクションの一つ目にいかがでしょうか?



IMG_7236.jpg
蛍石 ナミビア
この産地の結晶は立方体の他に正八面体が混じっている結晶があり、内部の色の分かれ方を観察すると面白いです。



IMG_7237.jpg
弗素燐灰石 ブラジル



IMG_7240.jpg
水晶 メキシコ



IMG_7241.jpg
菱マンガン鉱 南アフリカ



IMG_7245.jpg
蛍石 イリノイ



IMG_7248.jpg
針銀鉱 モロッコ



IMG_7253.jpg
珪亜鉛鉱 ナミビア・ツメブ
現在、入手の難しい標本の一つです。



IMG_7261.jpg
パイロープ イタリア
先々月のフェイスブックに紹介した巨大なパイロープから取れるカット石です。
結晶は大きくても取れるカット石はとても小さいのです。
現在は国か州の記念物に指定されて採集禁止なので貴重な品です。



IMG_7254.jpg
灰重石 中国



IMG_7257.jpg
ユークレース ブラジル
ブルーラインがユークレースらしいです。



IMG_7259.jpg
イオスフォル石 ブラジル
結晶もあります。



PB242192.JPG
紅鉛鉱 オーストラリア

PB242195.JPG
紫水晶 メキシコ

PA261560.jpg
白鉛鉱 ツメブ鉱山 

PB232157.JPG
タンザナイト タンザニア
 宝石らしい透明度が素晴らしい結晶です。コレクターの放出品。

20121025_094721.jpg
蛍石 内モンゴル自治区
かつてのダリネゴルスク産に似ている結晶。内モンゴルは蛍石と水晶を中心に様々なバリエーションが次から次へと産出していてます。

PB232152.JPG
輝安鉱j 市ノ川鉱山
 市ノ川らしい太くて大きな分離単結晶の里帰り標本です。

PB232155.JPG
蛍石 中国 1点
 蛍石には珍しいスピネル式双晶で母岩付きです。