2010年10月アーカイブ

Mineralentage Munchen

ドイツ・ミュンヘンのミネラルショーへ来ています。

CIMG8864.jpg
ミュンヘン市内の広告

CIMG8841.jpg
セッティング風景

CIMG8855.jpg
会場は国際展示会会場のホールを4つ使用しています。
とてつもなく広いのに短期間なので、大変です。

sugilite-quartz.jpg
南アフリカの杉石入り水晶!
もの凄く高価だったので写真だけでも...
今回は様々な水晶を中心に仕入れました。
他にJeremejevite(エレメエフ石)、タンザナイト、エチオピアンオパール、
キンバレー岩中のダイアモンド、ツメブ鉱山の白鉛鉱など...
帰国したら少しずつアップしていきたいと思います。
どうぞお楽しみに!

2011年カレンダー

1550_0.jpg

ドイツ製 鉱物カレンダー ¥1,800(税込・送料サービス)

松茸水晶 

松茸水晶

 今年は松茸が豊作ということでニュースで話題になっていますが、水晶の世界でも山梨県の新しい産地できれいな松茸式の結晶が発見されています。写真の標本は未洗浄なので結晶面に酸化鉄の被膜がありますが、これはこれで風情があります...洗うのは簡単ですし。他にもシトリンなども見つかっているそうで、この夏に採集した緑の水晶といい金峰山を中心とするこの山域は様々な水晶のバリエーションが発見されていてとても興味深いです。

Jeremejevite

ジェレメジェバイト

 ナミビア産のジェレメジェバイトですが、大きさが1カラットオーバーで信じられないくらいの大きさがあります。ジェレメジェバイトというと希産鉱物で鉛筆の芯程度の大きさの結晶しか見たことがありませんでした。でもこのカット石の大きさからすると鉛筆よりも結晶は太くなければなりません。持っていた人に聞くと今年の春に新しく産出したとのことで、今月末のミュンヘンショーで良い結晶が手に入るとうれしいですね。一応、本鉱でこの大きさには不安があったので成分を確認してみましたが、ジェレメジェバイトに間違いなかったです。

 ところでこの希産鉱物は発音の仕方により様々な表記(カタカナ)の仕方があり、人それぞれです。ちなみに英名はJeremejeviteですが、元々名前はロシア人鉱物学者Jeremejev(1830-1899)に因んでいるので、ロシア語の発音ですとイェレメイェフ石(エレメフ石)でしょうか。よくエレミア(イェレミア)石という表記がありますが、エレミア=Jeremiahなので、これは違うような気がします、今月末にミュンヘンショーへ行くので、ロシア人に聞いてみます。

11月4日 追伸
Jeremejeviteの発音についてロシア人に聞いて見ました。
他国の発音をカタカナにするのはなかなか難しいのですが、
Jeremejevの場合ロシア語に近い発音からより日本語的な表記にすると下記のような感じです。

「イェリメイェフ石」→「エリメイエフ石」→「エレメエフ石」→「エレメフ石」

ベリロナイト...

IMG_2025.JPG

ベリロナイトのカット石を購入しました。
ベリロナイトはナトリウムとベリリウムの燐酸塩鉱物で、とても珍しいのですが...
成分分析で確認してみたところまったく別の鉱物で、カリ長石(オーソクレース)でした。
信頼できるところではあったのですが、向こうもいちいち確認はしていないようで困ったものです...