2011年7月アーカイブ

地域の企画展の紹介


  夏の特別企画展「きらり。地球の造形美」&「島根の文化と神話世界を育んだ鉱物展」
  会期:7月16日(土) ~ 9月25日(日)
  会場:島根県立三瓶自然館サヒメル
  詳細:http://nature-sanbe.jp/sahimel/event/index.htm


  福井が誇る世界的な水晶学者 市川新松展
  会期:7月20日(水)~9月4日(日) 
  会場:福井県越前市武生公会堂記念館
  詳細:http://www.city.echizen.lg.jp/office/090/030/koukaidou/h23_itikawa.html

  
  特別展「きらきらクリスタル―水晶とそのなかまたち-」
  会期:7月16日(土)~9月4日(日)
  会場:福井県福井市自然史博物館
  詳細:http://www.nature.museum.city.fukui.fukui.jp/index.html

四面銅鉱

CIMG9097.JPG
 先日のユーロミネラルショーでボリビア人業者から錫石や円筒鉱などを購入した時に、銀四面銅鉱を勧められました。四面銅鉱にはいくつかの種類があって、ふつうは砒四面銅鉱か安四面銅鉱で銀四面銅鉱はとても珍しいです。しかし、これらの肉眼的な判断は無理なので、本当かどうかは分かりません。でも可能性が無いわけでもないので一応購入しました。それで帰国後、さっそくX線元素分析(EDX)でチェックしてみたのですが、見事に外れで、主成分がアンチモニーの安四面銅鉱でした。ただ銀も数%は含まれていたので、含銀安四面銅鉱といったところです。

 鉱物には見た目は同じでも成分比で名前が異なるものがあり、仕入れの時点で判断できないため、このようなことは仕方がありません。