2011年10月アーカイブ

PA290003.jpg
 会場はミュンヘンの中央駅から地下鉄で30分くらいの所で直結しています。今日から一般公開で、会場へ向かう人が大勢います。

PA290007.jpg
会場のメインエントランス、東京のビックサイトみたいな感じです。

PA290613.jpg
白鉛鉱 ナミビア産
 ツメブの白鉛鉱でサムネイルサイズのものが10点ほど手に入りました。

PA290618.jpg
菱亜鉛鉱 ナミビア産
 これもツメブの銘品で、今では手に入れるのが難しい標本です。

PA290622.jpg
ラドラム鉄鉱 ボリビア産
 ボリビアの有名標本ではありますが、希産なためふつうに手に入れるとかなり高額になってしまい、なかなか入手する機会がありません。今回は5年ぶりくらいでしょうか、かなり久しぶりの入荷です。小さいものから特品まで20点ほどあります。

PA290624.jpg
アンドル鉱 ボリビア産
 鉛、銀、アンチモンの硫化鉱物で希産種です。シルバーコレクターには欠かせない品です。

PA290625.jpg
青鉛鉱 チリ
 
PA290626.jpg
エクロジャイト ノルウェー産
 緑色のオンファス輝石、赤色のパイロープがオリビンに含まれているマントル由来の岩石で、地球の構造を研究する上で重要な試料となっていますが、色彩的にカラフルなためジュエリー素材としてもよく利用されています。

PA290634.jpg
ユークレース コロンビア産 1点
 数年間で1点は手に入る感じですが、今回の標本は透明感に優れている美しい結晶です。小さな黄鉄鉱インクルージョンもあります。

PA300661.jpg
含クロムくさび石 ロシア産
 灰クロムざくろ石や含クロムアメス石等と同じ産地でクロム鉄鉱中の隙間にミリサイズながらきれいな結晶が付いています。産出は世界でもここだけの希産種です。

PA290606.jpg
鋭錐石 ノルウェー産
 この産地の鋭錐石はセンチ大の巨大な結晶が産出することで有名です。

PA290601.jpg
藍方石 ドイツ産
 分離品もあります。

PA290593.jpg
ペンタゴン石 インド産
 双晶が連続して断面が☆型になっている結晶です。ふつうは双晶の結晶が集合してイガグリ状に集合していますが、どうしてなのか、☆型は単独で針のように長くなる特徴があります。

PA290590.jpg
タンザナイト タンザニア産
小型ながら透明度の良い美しい結晶を集めました。非加熱。

PA290586.jpg
オパール エチオピア産
 現在大流行中のエチオピアン・オパールですが、最近の傾向としては特品がないのと、並品の価格がずいぶん上昇してきています。まあ出始めの時は安すぎた感じではありましたが。今回は上級で大きいサイズを少し選んであります。

PA290582.jpg
カーボナード 中央アフリカ産
 数年ぶりの入荷です。写真の標本は特大サイズです!

PA280578.jpg
 会場内の様子です。このようなホールを4つ使用して開催しています。ただ全てが鉱物というわけではなく、鉱物をメインに宝石や化石、ジュエリーなどに分かれています。

PA260531.jpg
 今年もミュンヘンショーへ来ています。このショーは国際展示場のホールを4つ使用しておこなわれており、おそらく単独開催では世界最大のミネラルショーではないでしょうか。今日はセッティング日で明日金曜日は業者日、土曜日と日曜日が一般入場になります。このミュンヘンショーで買い付けが難しいのは規模がとてつもなく大きいのに、期間は短いことで効率よく動くことが大事です。

PA280536.jpg
 アホー石入り水晶(ファントムタイプ) 南アフリカ産
 今年また新しく産出したとのことで、小ぶりのきれいな結晶が出ていました。ただ、円高の影響が感じられるほど安くはなかったです。

PA280538.jpg
アホー石コーティング水晶 南アフリカ産産
 これは新しいタイプで、水晶の結晶をアホー石(要チェック)がコーティングしています。通常のファントムタイプの中身の状態ということでしょうか、派手な色彩がとても目立ちます。

PA280547.jpg
正長石 オーストリア産
 カルルスバット式双晶がよく分かる結晶です。

PA280551.jpg
藍方石(アウイン) ドイツ産
 ドイツアイフェル地方で採れる青色の石で「アイフェルのサファイア」とも呼ばれ、粒が大きくて透明なものは宝石になります。今回は写真の通常タイプの他に、3点ほどとても珍しい結晶標本(マイクロ)もあります。

PA280553.jpg
ヴォルコンスキー石 ロシア産
 粘土鉱物の一種、原産地標本。

PA280561.jpg
モルダバイト チェコ
 隕石衝突時に地球の珪酸分が溶けて固まった天然のガラス。空中に飛び散ったときにできたとされる独特の美しい模様があります。

PA280565.jpg
青鉛鉱 スペイン産

PA280569.jpg
タンザナイト タンザニア産
 方解石中のタンザナイトで、色彩的に美しい標本です。


PA280571.jpg
灰クロムざくろ石 ロシア産
 良品がなかったとの、高価であったため最近はなかなか入手することができていませんでした。今回は久しぶりの入荷です。


「青―空と水とやきものの始まり」

会期:2011年11月3日(木・祝)~2012年3月20日(火・祝)

会場:INAX ライブミュージアム「土・どろんこ館」企画展示室

サイト:http://inax.lixil.co.jp/clayworks/exhibition/detail/001999.html

 上記の企画に合わせて刊行の『青空と水とやきものの始まり』(本文64ページ、オールカラー、1,500円)にて
ラピスラズリをテーマに堀秀道が降旗千賀子さん(目黒美術館)と対談しています。

美しい写真(各月+表紙)で定評のドイツ製鉱物写真カレンダーです!

bode_kalender_2012_titel_300.gif
Bode-Verlag社製(表紙ダイアモンド)

lapis_kalender_2011.jpg
Lapis社製(表紙紫水晶)

 11月中頃発売予定 数に限りがありますので、ご希望の方はお早めにご予約をお願い致します。 
サイズ約30X40cm 価格1500円(税込・送料サービス)
m@hori.co.jp



明日からのデンバーミネラルショーより新着品セールが始まります。
http://hori.co.jp/hori/sale.htm

PA130333.JPG

PA130335.JPG

PA130337.JPG

新宿全労済ホール スペースゼロ
新宿駅南口より徒歩5分
googlemap→

am11:00 ~ pm8:00 最終日はpm5:00まで